採用情報

繊維の世界って面白い!松文産業で、世界に、そして未来に挑戦してみませんか!?

先輩社員の声

これから松文産業をめざすあなたへ、現在活躍している先輩からのメッセージ。
あなたの知りたかった何かが、きっと見つけられるはずです。

「社会人になって」

中村 智之

中村智之

 会社に入ってから、朝早く出勤しなくてはいけない日もあり、睡眠時間に気を付けて健康にも気を使うようになりました。学生の時は朝起きられなかったのですが、会社に入ってからは起きられるようになりました。少し大人に近づいたかな?と思います。
 僕は、他人と話すのが苦手で、自分から話をする事があまり出来ませんでした。でもこの九ヶ月間で、すこしは話せるようになったかなと思います。これからも自分を変えていこうと思います。

「おかげさまで、続けることができています」

小刀稱 小百合

廣田小百合

 大学は冬でも雪など滅多に見られない晴れの国、岡山だったのですが、利便性はあっても慣れない場所でいろいろ不安も多く、結局住み慣れた場所の福井に戻ってきました。松文産業は実家から通うことのできる場所にあるのでありがたいです。終業後に急いで帰れば夕食の用意も間に合います。
 入社当時、なにもかも初めての経験に腰の引けていた私を振り返り、情けなかったな、と思うと同時に、そんな自分を支え、助けて下さる会社の方々に、今はとても感謝しています。まだまだ未熟もいいところで、ご迷惑も多々おかけしていますが、これからも精一杯、頑張りたいと思っています。

「働くって大変」

門脇 恵

門脇 恵

 社会人になり思うことは、働くって大変なことなんだな・・・って。高校の時に想像していたものとは全然違いました。でも、大変だなって思うことばかりではなく、会社の色んな人と関わることが出来る。その中で自分が成長出来たらいいなって思います。
 今はまだ撚糸すべての仕事を覚えていないので出来るだけ早く覚えられるように頑張りたいです。

「社会人になって」

我孫子 進

我孫子 進

 私はドローイング所属ですが、今は研修という形で織布工程の仕事に携わっています。この仕事に就いて思ったことは、糸の入れ違いなど少しでもミスをすると商品として出すことができなくなるとてもシビアな仕事だと感じました。これからは色々な資格を取りたいと思っています。そのためには仕事と勉強を両立して取り組みたいと考えています。

「よろしくお願いします」

小野寺 梓

小野寺 梓

 準備課撚糸の小野寺梓です。入社してから8ヶ月経ちました。その間先輩からいろいろ教えていただき、仕事にもだいぶ慣れてきました。まだまだ分からない事がたくさんありますが先輩達を見習って完璧な仕事が出来るように早くなりたいです。

「早く一人前に」

三浦 健祐

三浦 健祐

 高校時代はサッカー部でした。趣味は音楽を聴いたり、ギターを弾くことです。僕が働いている織布課の方々は皆さんとてもいい人ばかりで、わからない事などもわかりやすく、丁寧に教えてくれるのでとても仕事がしやすく、楽しい職場です。
 まだまだ覚えなくてはいけないことがたくさんありますが、早く覚え、一日も早く一人前になれるよう努力していきたいと思います。

「自己紹介」

斎藤 美香

斎藤 美香

 高校生活は毎日が楽しく、約40分掛けての自転車での通学は、辛かったけど楽しい日々の思い出は、今でも忘れられないくらい充実したエンジョイライフを送ることが出来ました。学校が終わってからは、親に迷惑をかけないためにもバイトを頑張りました。初めての給料はとてもうれしかったし、自分で働いたお金で欲しかった物を買った時はうれしかったです。働く事の厳しさ、お金を手に入れる大変さも少しだけどわかりました。これからは、この会社でいろんな事を学び、自分のものにし、頑張って行きたいと思います。こんな私ですが、よろしくお願い致します。

ページのトップへ