ページトップへ

松文産業株式会社

撚糸技術とともに130余年。撚糸織物・複合糸織物のトップメーカーとして繊維の未来を織りなします。

松文産業株式会社

松文産業栗東工場紹介

工場長

工場長 PROFILE

久保 雄之介

[来歴]
勝山市出身。
2001年入社時から栗東工場へ。開発課配属。
2005年から開発課・営業課兼務。
2013年に栗東工場長就任。

MESSAGE

糸加工専門工場として、幅広い用途に対応。

栗東工場設立のきっかけは、1963年に起きた福井豪雪による物流への影響でした。 お客様であるメーカーからの要望で、仮撚設備を関西エリア付近で雪のあまり降らない地域へ移転する運びとなりました。

それ以降、従来に増してメーカーに寄り添いながら開発を行うことで、より目的に適した原糸に高次加工を施し、常に高付加価値な加工糸の提供を目指しています。

細かなニーズに応えるため、仮撚設備は高速タイプ・低速タイプを用意しています。 そうして生まれる当工場の加工糸は、衣料、資材、ニットに至るまで幅広いカテゴリーで用いられています。

メーカーに寄り添って提案し、世の中にない糸製品を。

開発のプロセスとしては、まず、メーカーから開発内容が提示されます。 そこですぐ製造に移行するのではなく、メーカーと打合せしながら課題や状況など細かな加工条件について探求し、また、様々な比較を行い、より高いレベルの提案に挑戦しています。

その上で試験糸を作成し、ブラッシュアップを繰り返し、製品化へとたどり着きます。 関西エリアに近い立地が活かし、メーカーとがっちりスクラムを組み、より良い製品の開発を追求しています。 今後も、メーカーとの協力を深めながら、他にある糸と大きく差別化できる製品を生み出していきたいと考えています。

両工場との連携、異業種展開など、広がる可能性。

当工場の未来へ思いを馳せる時、欠かせないのはメーカーとの協力関係ですが、同時に、松文産業グループとしての協力体制を向上させることが、新たな未来を拓くと考えています。

当工場は糸の生産、勝山・鶴岡工場ではそれぞれに個性を持った織物づくりを行っています。 3工場が連携することで、これまで対応できなかった領域や量、技術への可能性がきっと生まれるでしょう。 それによる各工場へのフィードバックもきっと大きな価値を持つと期待できます。

また、衣料だけでなく、業種の異なる分野も視野に入れることで、糸の可能性を広げたいという想いも抱いています。 築き上げてきた経験や技術を礎に知見を深めることで、社会へさらに貢献できる「未知なる糸」を創造していきたいと考えています。

DATA

STAFF
スタッフ

従業員 / (栗東合繊(株))
男性28名 女性25名
※2019年10月10日現在

FACILITY
機械設備

生産工場2棟
検査・出荷工場1棟
仮撚設備(高速・低速)
混繊設備

SPACE
空間

土地 17,450.78㎡
建物 9,922㎡

photo

photo

photo

photo

photo

photo

MAP

photo

栗東工場

〒520-3013
滋賀県栗東市目川611
TEL.077-552-3851 / FAX.077-552-3853